読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インスタグラムの攻略ブログ

インスタグラムのフォロワーを増やすなど、攻略情報を書いていくブログです。

インスタグラムの攻略をしよう。フォロワーを増やすためには

f:id:instagram_lover:20161220170324j:plain 写真を中心とした投稿で人気のインスタグラムは老若男女問わず人気です。有名な芸能人やスポーツ選手などもインスタグラムアカウントを作っていますし、一般の会社員、専業主婦、学生さんも使っています。インスタグラムで写真を投稿する目的は人それぞれですが、自分が撮った写真を「作品」として多くの人に見てもらいたいと言う人も少なくありません。 この記事では、あなたの作品のファンになってくれるフォロワーが増える方法を写真撮影に特化して紹介していきます。 テーマの選定や機材選び、初心者から一歩進んだ操作方法など、写真にこだわりながらフォロワーを増やしたい方に見てもらいたい内容です。

まずはインスタグラムで何を投稿したいのか、テーマを選定する事が第一歩です。

投稿している本人が既に著名人であり、その人自身に固定のファンがついている場合は例外ですが、一般の人が日常風景をただ投稿するだけでは、インスタグラムに毎日投稿される膨大な写真の中からあなたの写真を見つけ出し、フォロワーになってくれる人が出てくる可能性は高いとは言えません。そこで、ある程度のテーマを決めてその題材に沿って投稿していく事をお勧めします。決して一つのテーマだけという、ある意味で不自由な条件にする必要はありませんが、その撮影テーマに共感してくれる人がリピーターになってくれた方がフォロワーは増加する可能性は高くなります。例として、花などの植物を一つのテーマにしてインスタグラムを開設したとします。魅力的な写真を撮る方法は後述しますが、一定の頻度で同じテーマに沿った写真を投稿すれば、同じ趣味を持った人の目に留まりやすくなります。ハッシュタグ検索などであなたの写真を見つけて、そのアカウントにアクセスしたらクオリティの高い植物写真が沢山投稿されているシチュエーションが望ましいです。投稿者自身の年齢や性別、職業や容姿を全く知らなくても、「素晴らしい植物写真を投稿している人」といった認識でリピーターとしてフォローしてくれる可能性が高まります。逆に、たまたま花の写真を1枚撮った物を投稿して、花が好きな人の目に留まったとします。その写真に興味をもってアカウントにアクセスしたら、花の写真は1枚だけで他はお昼ご飯の写真や自画撮りばかりだったという状況だと、花が好きな人にとってはあまり興味のない題材ばかりだと言えます。こういったアカウントでは、リピーターになってくれる確率は先ほどのシチュエーションに比べて低下します。一つのテーマに沿った写真投稿で人気が高まれば、あなた自身に興味を持ってくれる人も一定数現れる可能性があります。自身の私生活などを投稿したい場合は、ある一定の人気を得てからでも遅くはありません。

次に撮影機材選びですが、写真に拘りたい方には一眼レフやミラーレス一眼がお勧めです。

決してスマートフォンでは綺麗な写真が撮れない訳ではありませんが、レンズの種類や細かい操作をするならば、写真撮影専用機材のほうが自由度は高いです。先ほど例に挙げた花の写真ですが、マクロレンズという接写撮影専用のレンズがラインナップされているので、そういったレンズを使って撮影するのも一つの手です。毎日のように膨大な写真を見ているインスタグラムユーザーの目に留めてもらうためには、他のアカウントとは違う写真を撮る必要も出てきます。奇抜な写真を撮る必要はありませんが、人の目では見ることができない、マクロレンズが見せてくれる非日常的な写真は一眼カメラの特権とも言えます。その他、接写写真とは真逆に位置する、望遠レンズを使って遠距離での撮影も一眼カメラなら可能です。遥か遠くにある月の写真をスマートフォンで鮮明に写すことはなかなか難しいですが、望遠レンズを使えば画面いっぱいに月を写すことも可能です。月表面の凹凸まで綺麗に写すことができるので、このような写真も人間の目では普段見ることのできない世界として、魅力的な作品に仕上がります。勿論月だけではなく、野鳥などを遠くから撮影することもできます。野生動物はあまり近づいてしまうと、警戒心で逃げてしまうことが多いです。望遠レンズを使って遠距離から撮影すれば、それほど苦労することなく撮影することも出来ます。先ほどテーマを決めて題材に沿って撮影する方法を紹介しましたが、テーマを特に決定していない何気ない日常であっても、用途に合わせてレンズを交換していけばそれぞれの写真にファンがついて、自然とフォロワーが増える可能性も十分にあります。決して安いとは言えない機材も中にはあるので、手軽に買えるものばかりではありませんが、金銭的に可能であれば用途に合わせて数本レンズがあって困ることはありません。テーマが明確に決まっていれば、自分が撮りたいと思う被写体に最も適したレンズを1本だけ所持していればそれで充分です。

一眼カメラをお勧めするもう一つの理由としては、自分の好みの作風にするための操作がしやすいという点にあります。インスタグラムではアプリを使って色合いやエフェクトなどを付け足して調整することが出来ますが、一眼カメラの場合はそのアプリを使う前の段階にも、自分の表現したい作風に調整することが可能です。一眼カメラは「オートモード」と呼ばれる、シャッターボタンを押せば簡単に写真が撮れるモードも設定されていますが、それ以外にも様々な撮影モードがあります。調整できる項目は沢山ありますが、絞りやシャッタースピードと呼ばれる項目は、調整結果が顕著に反映される傾向にあります。例えば、流れている水を被写体とすれば、シャッタースピードを速くすれば水が固形物のようにその場で止まっているような写真を撮ることができます。逆にシャッタースピードを遅くすれば、水が一つの帯のようになって流れているような作風にすることが可能です。オートモードの場合は、その場の状況で一番失敗しにくい設定方法をカメラ側で計算して、シャッタースピードや絞りといった項目を設定してくれるメリットがありますが、構図以外は基本的にカメラ任せになってしまうので、思い描いたイメージとは違ってしまう場合も発生しやすいデメリットもあります。その点、調整項目を自分で設定して撮影する方法はある程度の知識を必要としますが、自分が表現したいと思う作風に撮影しやすくなる利点があります。それぞれの調整できる要素の関連性を理解するには多少の時間と経験を要するかもしれませんが、フィルム時代の古いカメラとは違い、撮影した写真をその場で見て結果を確認することができます。納得いく写真が撮れるまで何度も挑戦することができるので、数をこなしていけば操作方法はすぐに覚えることができます。

以上のような撮影をする場合にお勧めの便利アイテムとして、三脚を紹介します。シャッタースピードを極端に遅くするような写真の場合、手ブレと呼ばれる現象が発生しやすくなるためカメラを固定する必要が出てきます。そのような時に役立つのが三脚です。撮影場所にベンチや手すりなど、カメラを置くには都合の良い場所があればそれで代用をすることもできますが、いつでも都合よくカメラを置いて固定できる場所があるとは限りません。三脚は伸縮機能がついているので、小型三脚であればバッグに収納することも可能です。雲台と呼ばれる三脚上部についているアングル調整機構でカメラの角度を調整することができるので、撮影したいと思う構図に固定することが容易になる利点があります。そのほか、自撮りをする場合などはありがちな構図になってしまうことも少なくありませんが、三脚とセルフタイマーを使えば、風景全体と自分自身を全て画面の中に収めるといったことも可能です。写真撮影は一人称視点の構図が多いですが、三脚を使えば三人称視点の写真を撮ることもできます。価格も比較的安価なものもラインナップされているので、作風の幅を広げる意味では持っていて損になることはありません。

ここまではカメラの調整方法や撮影しやすくするための便利グッズを紹介してきましたが、一眼カメラ特有といっても過言ではない画像加工方法も紹介していきます。インスタグラムでは、撮影した写真をアプリを使って加工や修正していく方法が一般的です。勿論一眼カメラで撮影したものも同様の方法で加工することも可能ですが、差別化を図る方法としてRAW現像で加工する方法も一つの手としてお勧めできます。RAW形式のデータは、写真になる前の生データの事で、この写真の大元になるデータを操作して、写真にしていくのがRAW現像です。この手法の利点としては、画質の劣化を極限に抑えることができる所です。既に写真として完成しているデータにアプリで上書き加工をしていくと、どうしても画質は劣化してしまいますが、RAW現像は元々のデータが持っている情報を任意に選択して引き出していく方式なので、画質の劣化を抑えることが出来ます。イメージ通りの作風に仕上げるためには慣れや経験が必要ですが、この手法はプロの写真家も使っている方式なので、初歩的な操作方法でも良いので使い方を覚えてしまえばフォロワーを増やすための作品作りには有利になるといえます。一眼カメラの場合、RAWで撮影するモードはほぼ全てのカメラに装備されていますし、現像に必要なソフトはカメラと一緒にメーカー純正のソフトが付属してきます。失敗しても初期状態に戻すことが出来るので、気軽に挑戦することができます。

以上が写真に特化した、インスタグラムでフォロワーを増やす方法の紹介です。写真を大勢の人に見てもらうためには、ハッシュタグの設定は必須ですし、フォローしてくれるのを待つだけではなく、自分から他のアカウントをフォローしていくといった能動的な行動も求められます。素敵な写真を投稿するのと同時に、趣味が合いそうなアカウントをフォローしていき、交友関係を広げていく方法も効果的な手法です。